クラミジアとは?

クラミジアとは性病の中でも一番多い病気と言われています。日本で製造されているニューキノロン系の抗生物質です。クラビットはレボフ□キサシンと呼ばれる成分が配合されています。
ジェネリック名のレボクインは、同一成分の後発薬で製薬大手のシプラが製造販売しています。
クラミジアなどの性感染症をはじめ、グラム陽性菌・陰性菌、レジオネラやマイコプラズマなどの細菌にも有効とされています。
クラビットの効果は細菌によって感染が起こり、発赤や腫れ、時に化膿や痛み、発熱などの苦痛を伴う症状の原因となっている細菌のDNA(遺伝子情報物質)の複製を防ぐことで繁殖を防ぎ、殺菌する効果があるため身体に現われている症状を治癒してくれます。
ニューキノロンはキノリン骨格の一部をカルボニル基で置き換えた構造で、細菌が持つDNAジャイレースの働きを阻害・死滅させる働きを持ち、主に性病などの感染症治療に用いられます。
クラミジアは今や10代後半から急激に感染者が増えており、中でも女性の方がとても多くなっています。自覚症状がないため、自分は感染していないと思いこんで放置している方が大変多くみられます。
通販ならば誰にもバレず、時間も取られず購入できるのでおすすめです。また、通販では検査キットも購入することができるので検査から治療まで全て自宅で行うことが可能です。