男女別クラミジアの症状

性器クラミジア感染症は、クラミジア(Chlamydiatrachomatis)という微生物が性行為により感染し、男性では尿道炎や精巣上体炎を、女性では子宮頸管炎と骨盤内炎症性疾患を起こす感染症です。日本でも世界的にも最も感染者数が多い性感染症ですが、男女共に自覚症状が乏しいことも特徴です。また、クラミジア感染症は、性器のみではなく咽頭へも感染することが知られています。

男性では、尿道から感染して急性尿道炎を起こすが、症状は淋菌感染症よりも軽い。さらに、前立腺炎、精巣上体炎を起こすこともあります。男性の場合、1週間~3週間程がクラミジア菌の潜伏期間です。個人差は勿論ありますが、遅い方は1ヵ月以上にもわたり潜伏するケースもあります。なぜ、そこまで長くなるのか。それは感染したルートの違いが理由の1つです。 オーラルセックスだと潜伏期間が長くなり、発症までに時間が掛かります。それは、女性から感染するクラミジアは最初の段階で実は数が少ない、感染後に増殖し発症までの時間を要するという事です。

女性ではクラミジアは最初に子宮頚管部粘膜(膣の奥、子宮の入り口)に感染します。ここには痛みを感じる神経がほとんどありません。余談ですが、この場所には尖圭コンジローマもできやすく、レーザーメスのような簡単な手術の場合は麻酔を使わなくても痛くなく手術できるほどです。それほど痛みを感じませんから、当然クラミジアに感染してもほとんど症状を出しません。クラミジアに感染すると、膣内の抵抗力が下がってほかの病原菌が進入しやすくなります。そのため膣炎が起こります。膣炎の症状は性器のかゆみ、汚いオリモノ、性器のにおいがきつくなるなどです。膣粘膜に炎症が起こっていますから、性行為をすると痛い(性交痛)という症状も初期にはよく聞かれます。

また、1~2か月の潜伏期を経て、新生児、乳児の肺炎を引き起こすことがある。淋菌との混合感染も多く、淋菌感染症の治癒後も尿道炎が続く場合には、クラミジア感染症が疑われる。